GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

全国のゴルフ練習場情報ならGDO
打ち放題や24時間営業の練習場検索も可能

ホーム>レッスン・練習> ゴルフ練習場ガイド> GDOゴルフ練習場ブログ> 投稿日未定 レンジボールVSコースボール

丈太郎・カレン・修一が行く!ゴルフ練習場ブログ

投稿日未定 レンジボールVSコースボール

投稿日時:2016/01/21(木) 20:05 rss

○○VS○○といえば何を思い浮かべますか?

私は曙VSボブサップを思い浮かべます。
2015年の試合ではなく昔の試合のほうですね。
曙がうつぶせに倒れている姿が今でも脳裏に焼き付いて離れません。
いい加減離れてほしいです。


さて、レンジボールとコースボール、練習するならどちらが良いのでしょうか?

両者ともにメリット、デメリットがあり簡単には決められない問題ですね。
ひとくちにレンジボールと言ってもワンピース、
ツーピースと種類がありますし、コースボールも状態によってはピンキリです。

レンジボールについては以前のブログで説明していますので、
詳細はこちらを見ていただくとして、
今回はコースボールでの練習について、
私の思うメリットとデメリットを紹介します。


まずメリット。
①飛距離の誤差が少ない
②打感が良い
③しっかりとスピンがかかる

といったところでしょうか。
要は本番に近い感覚で練習ができるってことです。

普通に考えるとコースボールで
練習したほうが良さそうですよね。

しかしデメリットも。
①球質にばらつきがある
②耐久性が低い
③そもそも使用している練習場が少ない

意外に見過ごしてしまうのが、
コースボールの場合は一球ごとに違うブランドのボールを打つことです。
スピン系のボールを打った後にディスタンス系のボールを打てば、
仮に全く同じスイングだったとしても球筋が変わってしまいます。

ま、へたっぴの私にはあまり関係ないですが。


②の問題に関しては、次の③にも関係してきます。
レンジボールと比較すると消耗度合が激しいので、
こまめな入れ替えが必要になってきます。

それにコースボールは亀裂が入りやすく画像のように割れてしまうケースも。




コースボールが打てる練習場が少ないのは耐久性の問題にプラスして、
ボールネットにかかる負担がレンジボールよりも大きいようです。
昔はコースボールを使っていた練習場でも上記のような理由で
レンジボールに変更している施設が多いという話も聞きました。


このように、コースボールでの練習にもメリットとデメリットがあります。
状況に合わせて使い分けることができれば一番良いかもしれませんね!

<練習場ガイド担当:丈太郎>

最近チェックした練習場

あなたのスコアをカンタン 管理・分析!GDOハンディキャップももらえる!

ゴルフ場一覧