GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

全国のゴルフ練習場情報ならGDO
打ち放題や24時間営業の練習場検索も可能

ホーム>レッスン・練習> ゴルフ練習場ガイド> GDOゴルフ練習場ブログ> 横田真一プロ直伝!高性能スイング解析センサー 「ガーミンTruSwingJ」でサクサク上手くなる!VOL.05

丈太郎・カレン・修一が行く!ゴルフ練習場ブログ

横田真一プロ直伝!高性能スイング解析センサー 「ガーミンTruSwingJ」でサクサク上手くなる!VOL.05

投稿日時:2017/05/25(木) 10:00 rss

こんにちは、丈太郎です。

プロゴルファーの横田真一プロが6回に渡って、アマチュア2名のスイングを分析。
高性能スイング解析センサー「TruSwing J(トゥルースイングジェイ)」を使い、
スイングのクセと一人でできる練習法を伝授するレッスン企画第5回!
 

今回も引き続き、高橋さんの悩みを見ていきます。

 

横田プロコメント
前回はスライスに悩む高橋さんのアドレスの向き、腕の位置を修正しました。
今回はスイング中の体の動き、ヘッド軌道を直してボールがつかまる動きを身につけていきます。


レッスン① ~スライサー必見「右腕一本振り」でスライスを直す!~
スイング中の体の動き、ヘッド軌道を直す効果的なドリルを紹介します。ドライバーを左腕で持ち、体の正面に立ててください。そして右腕でアイアンを持ってアドレス。この状態を保ち、右腕1本でボールを打ちます。
 

  

 

レッスン② ~正面のクラブを意識してインサイドから振り下ろす!~
高橋さんのようにアウトサイド・イン軌道でスイングしているゴルファーは、体の正面に立てたクラブが邪魔になってスムーズにスイングできません。インサイドからクラブを下ろしてインパクトすることでボールをつかまえることができます。「ガーミンTruSwingJ」で「クラブパス」をチェックすれば、自分のスイング軌道を確認することができます。
 

 

 

レッスン③ ~ダウンスイング時の「左肩の動き」に注意!~
このドリルの重要なポイントはもう一点あります。それはドライバーを持った左腕の動きです。右腕1本でスイングするときに、ダウンスイングで左肩が開いたり、上がったりしないように注意してください。左腕が動いてしまうと連動して右腕が下がってフェースが開きやすくなります。「ガーミンTruSwingJ」の「フェース角」をチェックしながら練習してみましょう。
 

  


 

次回は、6月8日公開予定!
引き続き、高橋良友さんの悩みを、「TruSwing J(トゥルースイングジェイ)」を使い、解決していきます。

 

過去のレッスンはこちら:
※レッスンVol4はこちら:打倒スライス!アドレスの「腰、肩、右腕」の位置を直そう!
※レッスンVol3はこちら:ハンドアップを抑え、理想のインパクトを目指す
※レッスンVol2はこちら:球が上がりすぎる原因をダイナミックロフトでチェック!
※レッスンVol1はこちら:軌道をチェックしてヒッカケを直す!

 

【お悩みアマチュアゴルファーの紹介】



ガーミンTruSwing J(トゥルースイングジェイ) 商品詳細はこちらから


<練習場ガイド担当:丈太郎>

最近チェックした練習場

トラックマン体験イベント開催@LINX新川崎

あなたのスコアをカンタン 管理・分析!GDOハンディキャップももらえる!

ゴルフ場一覧