GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

全国のゴルフ練習場情報ならGDO
打ち放題や24時間営業の練習場検索も可能

ホーム>レッスン・練習> ゴルフ練習場ガイド> GDOゴルフ練習場ブログ> 横田真一プロ直伝!高性能スイング解析センサー 「ガーミンTruSwingJ」でサクサク上手くなる!VOL.06

丈太郎・カレン・修一が行く!ゴルフ練習場ブログ

横田真一プロ直伝!高性能スイング解析センサー 「ガーミンTruSwingJ」でサクサク上手くなる!VOL.06

投稿日時:2017/06/08(木) 10:00 rss

こんにちは、丈太郎です。
 

プロゴルファーの横田真一プロが6回に渡って、アマチュア2名のスイングを分析。
高性能スイング解析センサー「TruSwing J(トゥルースイングジェイ)」を使い、
スイングのクセと一人でできる練習法を伝授するレッスン企画第6回!
 

今回も引き続き、高橋さんの悩みを見ていきます。
 

レッスン① ~脱・明治の大砲!理想の体重移動を身に着けよう ~
高橋さんはスライス以外に「アイアンがトップする」という悩みを抱えています。
その原因は右足体重でスイングしているところにあります。
トップでは右足に体重が乗りますが、ダウンスイングからフィニッシュにかけては左足に体重が乗っていくのが理想。
高橋さんは右サイドでスイングするため、ダウンスイングで体が浮いてしまい明治の大砲になってしまうわけです。
ガーミンTruSwingJ」の「シャフトの傾き」を見ても、
理想的なハンドファーストではなくハンドレイトインパクトをしていることが分かります。
 

   
 

レッスン② ~体の回転をスムーズにするカギは「左足のつま先」 ~
右足に体重が残ってしまうのは、スイング中の体の回転が不十分だから。
特にダウンスイング以降での腰の動きが止まってしまうため、体が浮いてしまうと考えられます。
腰の回転をスムーズにするために注目したいのはアドレスのつま先の向きです。
やや左足つま先をオープンにして構えてみましょう。
これだけで腰が回りやすくなり、左足に体重を乗せやすくなります。
 

  

 

レッスン③ ~フィニッシュで足が返れば体重移動できた証拠 ~
ダウンスイング以降、腰をしっかり回して左足体重にするためにオススメしたいのが、
フィニッシュで右足つま先を立てて返すこと。
この動きをするには、左足にしっかり体重を載せなければできません。
フィニッシュで右足つま先を左足側に引きずれるようになればOKです。
自分の感覚だけに頼ってボールを打っていると、“下手固め”してしまう可能性もあります。
スイングの様々な要素を分析できる「ガーミンTruSwingJ」を使うことで、
効率的にレベルアップできるはずです。
 

  

GDOゴルフショップで購入可能!購入はこちらから。
「TruSwing J(トゥルースイングジェイ)」を使って、サクサク上手くなろう。


過去のレッスンはこちら:
※レッスンVol5はこちら:スライサーのクセを直す必見ドリル「右腕一本振り」
※レッスンVol4はこちら:打倒スライス!アドレスの「腰、肩、右腕」の位置を直そう!
※レッスンVol3はこちら:ハンドアップを抑え、理想のインパクトを目指す
※レッスンVol2はこちら:球が上がりすぎる原因をダイナミックロフトでチェック!
※レッスンVol1はこちら:軌道をチェックしてヒッカケを直す!

 

【お悩みアマチュアゴルファーの紹介】



ガーミンTruSwing J(トゥルースイングジェイ) 商品詳細はこちらから


<練習場ガイド担当:丈太郎>

最近チェックした練習場

ゴルフクラブ オススメアイテム

 
 
 
 
 
 
 
 
 

GDOアマチュアゴルフトーナメント2017

ラウンドデビューのゴルフ同伴者ガイド

あなたのスコアをカンタン 管理・分析!GDOハンディキャップももらえる!

ゴルフはスイングが命! 練習器具はゴルファーを救う!

GDOゴルフ練習場ガイドの使い方を説明します

ゴルフ場一覧