GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

全国のゴルフ練習場情報ならGDO
打ち放題や24時間営業の練習場検索も可能

ホーム>レッスン・練習> ゴルフ練習場ガイド> GDOゴルフ練習場ブログ> 横田真一プロ直伝!高性能スイング解析センサー 「ガーミンTruSwingJ」でサクサク上手くなる!VOL.01

丈太郎・カレン・修一が行く!ゴルフ練習場ブログ

横田真一プロ直伝!高性能スイング解析センサー 「ガーミンTruSwingJ」でサクサク上手くなる!VOL.01

投稿日時:2017/03/30(木) 16:00 rss

こんにちは、丈太郎です。

昔は「トラック一杯のボールを打て」といわれていましたが、
むやみにボールを打つよりも自分のスイングを知り、
ミスを知った上で練習した方が上達スピードは確実に早くなります。

そこでオススメしたいのがガーミンの高性能スイング解析センサー「TruSwingJ(トゥルースイングジェイ)」です。

このモデルを使い、
プロゴルファーの横田真一プロが6回に渡ってアマチュア2名のスイングを分析していきます。

スイングのクセと修正ポイントを伝授していきます。

1回目は、今回のアマチュアゴルファーである菅原さんの悩み、
「大事な場面になるほどヒッカケが出てしまいます。
それに、アイアンは球が高く上がりすぎて飛びません」

ガーミンの高性能スイング解析センサー「TruSwingJ(トゥルースイングジェイ)」で分析します。

【ミスの原因】
「左のミスはアウトサイド・イン軌道が原因」
 

ガーミンTruSwingJ」でスイングプレーンを見てみると、
ダウンスイングの軌道(緑色)がバックスイングの軌道(赤色)よりも外側を通っています。
つまり、アウトサイド・インのカット軌道でスイングしているということになります。
大事なときほど左にミスするのは、力むほど右腕の動きが硬くなってカット軌道がきつくなるからです。

「ダウンスイングで右腕の力を抜く」

スイングプレーンの理想は、ダウンスイングの軌道がバックスイングの軌道の内側を通ること。
これが理想的なスイングプレーンでクラブを動かすコツです。
そのために必要なのは、切り返しからダウンスイングで右腕の力を抜く瞬間を作ることです。
また、スイングテンポも重要です。バックスイング、ダウンスイングの速度比率が分かる
ガーミンTruSwingJ」で一定のスイングテンポで振るように心がけてください。

【練習方法】
「右腕1本グルグルドリル」
そこでオススメしたいのが、右腕1本でクラブを持ち、グルグル回すドリル。



肩、ヒジ、手首の力を緩め、ヘッドが遅れて動く感覚で行ってください。
この力感で切り返し、ダウンスイングをすることで、プレーンが外側を回るカット軌道が修正されるはずです。

菅原さんにこのドリルをやってもらった後、「ガーミンTruSwingJ」でチェックすると
ダウンスイングのクラブ軌道(緑色)がバックスイングの軌道(赤色)の内側を通るようになりました。
更に、クラブパス(*)もアウトサイドインからインサイドアウトに変わったことが分かります。
*インパクト直前から直後までのクラブヘッドの軌道

 

いかがでしたか?
こういったスイング分析器を使って練習場で試してみるのも上達への近道ですね。

 

次回は、
「球が上がりすぎる原因をダイナミックロフトでチェック」
「フックグリップでハンドファーストインパクトに」
について、横田真一プロが「ガーミンTruSwingJ」でチェックしてアドバイスをしてまります。

 

【お悩みアマチュアゴルファーの紹介】



ガーミンTruSwingJ 商品掲載はこちらから


<練習場ガイド担当:丈太郎>

最近チェックした練習場

ゴルフクラブ オススメアイテム

 
 
 
 
 
 
 
 
 

GDOアマチュアゴルフトーナメント2017

ラウンドデビューのゴルフ同伴者ガイド

あなたのスコアをカンタン 管理・分析!GDOハンディキャップももらえる!

ゴルフはスイングが命! 練習器具はゴルファーを救う!

GDOゴルフ練習場ガイドの使い方を説明します

ゴルフ場一覧