GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

全国のゴルフ練習場情報ならGDO
打ち放題や24時間営業の練習場検索も可能

ホーム>レッスン・練習> ゴルフ練習場ガイド> GDOゴルフ練習場ブログ> レッスン記事を試したらこうなった vol.2 ~ 大型ヘッドの理想的なストローク軌道 ~

丈太郎・カレン・修一が行く!ゴルフ練習場ブログ

レッスン記事を試したらこうなった vol.2 ~ 大型ヘッドの理想的なストローク軌道 ~

投稿日時:2015/10/28(水) 15:00 rss

僕はパターが非常に苦手でして、クラブのせいにして今まで何本変えたか記憶にないです。
最近は色んな種類のパターがありますよね?
ピン、マレット、ネオマレット、遼くんやミケルソンに憧れてL字、
色々試しましたが、結局いまだにどれが自分に合うかわかっていません・・・

そんな中、最近では多くの人が使用している大型マレットの練習方法のレッスン記事を見つけました。
「プロのデータから見えた!上達の近道」ページはこちら

M-Tracer(エムトレーサー)」を使用して、プロのスイングデータを分析しながら、練習方法を学んでしまおうという内容です。

今回は古閑美保プロのパターの打ち方を分析するみたいです。
テンポ、スイングスピードを重視しており、ストロークに関してはインパクトゾーンを長くする。
という部分のみを意識しているらしく、インパクト以降は低く、長くストロークするイメージとのことです。

ところが、今回の計測では逆にややアッパー気味に入っていることがわかりました。
ただ、フェイスの開閉はなんと「0°」
さすが元賞金女王ですね!

そんな古閑プロが練習で取り入れていることは・・・
「バックスイングをとらないでボールを押し出す」

両手の力加減が一致していないと、まっすぐ転がすことができないとのこと。
例のようにさっそく試してみようと思います。

201510281336_4-600x0.jpg




201510281336_5-600x0.jpg



201510281336_6-600x0.jpg

ん~パットが苦手な僕には難しいです・・・

インサイドから入るとアッパー気味 ⇒ プッシュ
上からだとダウンブローに入る ⇒ 引っかけ

両手の力加減のみを意識してみるとようやく上手くいきました。
まっすぐストロークしようとばかり意識して実際は手で打ってしまっていたのかもしれません。

古閑美保プロの「ストロークは意識していない」の意味が少しだけわかったような気がします!
ご自宅や練習場で試してみてはいかがでしょうか。

<練習場ガイド担当:丈太郎>

最近チェックした練習場

ゴルフクラブ オススメアイテム

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ラウンドデビューのゴルフ同伴者ガイド

あなたのスコアをカンタン 管理・分析!GDOハンディキャップももらえる!

ゴルフはスイングが命! 練習器具はゴルファーを救う!

GDOゴルフ練習場ガイドの使い方を説明します

最新ゴルフクラブクーポンキャンペーン!

ゴルフ場一覧